瞑想時の呼吸法

池田です。


瞑想をするとき、呼吸の仕方がかなり重要です。


日常の生活の呼吸よりも、深く長く呼吸します。


鼻からゆっくり吸って、口からゆっくり吐きます。


普通は呼吸を意識することはありませんが、


瞑想の時は呼吸に意識を集中させます。


人間の自律神経の中で唯一、

自分でコントロールするkとができる

機能が呼吸です。


自律神経は無意識が司っています。


呼吸をコントロールすることは、

無意識をコントロールすることにも


つながって行きます。


瞑想の時の呼吸法は


いろんな種類がありますが、


一番単純な、吐く息と吸う息が同じ長さにする方法がいいでしょう。


最初は2秒鼻から吸って、2秒口から吐く。

これをひたすら繰り返してください。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ